沿革

昭和37年3月 初代社長 植松重市
沼津市原808番地にて、合成樹脂による自動車部品の製造を目的として創業。
昭和39年4月 上記所在地にて米新工業株式会社(資本金200万円)を設立。
昭和46年8月 沼津市青野字水門259番地に新築移転する。
昭和53年8月 富士市中里字大坪新田添2608番地34に新築移転する。
平成7年11月 資本金を1000万円に増資する。
平成11年12月 植松龍治 代表取締役 就任
平成13年3月 成形プラスチック加工の生産における、品質保証の国際規格「ISO 9002」(現:「ISO 9001」)を認証取得する。
平成17年5月 中国廣東省に合弁工場を設立する。
平成18年10月 環境マネジメントシステムの国際規格「ISO 14001」を認証取得する。
平成20年5月 ベトナム・ホーチミンにて技術提供、生産開始。
平成20年9月 九州・大分県中津市に出荷デポを設立。
平成21年7月 中国強制認証制度「CCC」を認証取得する。
平成22年3月 中国河南省に鄭州米新商貿有限公司を設立。
平成23年8月 タイ(バンコク市ワタナ)にBEISHIN THAI CO.,LTD.を設立。
平成23年12月 タイ・シラチャ(アマタ工業団地)工場用土地建物購入。(1,500坪)
平成27年10月 愛知県西尾市に西尾工場を設立。
平成28年9月 植松龍治 代表取締役会長 就任
山口明 代表取締役社長 就任

PAGE TOP